美々津重要伝統的建造物群保存地区 [詳細案内] | 一般社団法人 日向市観光協会  
観光地一覧へ戻る

美々津重要伝統的建造物群保存地区

 廃藩置県時代の美々津県庁跡から一望できる美々津の町並は、京都や大阪の町家造りを取り入れたものとして注目され、 上町、中町、新町の通りは、今なお当時の面影を残しており、道行く人々の足をとめています。

 昭和55年日向市に寄贈された市指定文化財「旧廻船問屋、元河内屋」は、昭和57年、国県の補助を受け、 安政2年(1855年)の商家「河内屋」に復元されたもので、日向市歴史民俗資料館として、この町並みに開館し、 全国的に珍しい河口に面した港のある江戸時代の町家をしのぶことができます


フォトギャラリー


地図